「ののこめし」とは、油揚げの中に生米、生野菜を詰め、だし汁でじっくりと炊き上げた郷土料理で、昔から「いただき」とも呼ばれ、鳥取県西部地域を中心に大変親しまれています。
昔は、何か特別な行事があった時などに各家庭で作られ、近所に振る舞われたそうです。
まだお米がとても貴重だった時代には大変なご馳走とされ、近所の方の「もらう」ではなく「頂く」という感謝の気持ちが、そのまま、この「いただき」という名称になったと言われています。
「ののこめし」の由来
昔より弓浜半島(鳥取県西部)では、「浜綿」と呼ばれる良質の綿の栽培がとても盛んでした。
その綿の入った半纏(はんてん)を「布子〈ぬのこ〉」と言い、ふっくらした格好がよく似ていることから、
「ぬのこ」がなまって「ののこ」、「ののこめし」と呼ばれるようになったと言われています。
→詳細はこちら
 

「ののこめし」の発祥
言い伝えによると、江戸時代末期、境港市内にあるお寺の住職が、福井県のお寺と行き来があり、
そこで精進料理として出されていた「油揚げ」を大そう気に入り、持ち帰ってお米や野菜を詰めて炊いて食べたのが始まりだと言われています。
→詳細はこちら
 

おふくろの味「ののこめし」
昔は、お米がとても貴重だったため、少量のお米でお腹一杯になるようにと、たくさんの具材を入れて工夫して作られたそうです。
その入れる具材や、味の付け方、調理方法などはそれぞれの家庭によって少しずつ異なり、親から子へ、子から孫へと受け継がれる「おふくろの味」として地域に定着していきました。
→詳細はこちら

送料は、全国一律972円(税込) !!
ただし、一部の地域や離島などは別途申し受けます。)
新規コンテンツ